シュヨーネットのメールマガジン
-TOP--2006年版--2007年版--2008年版--2009年版--2010年版--2011年版--2016年度版--No1--No2--No3--No4--No5--No6--No7--No8--No9--No10--No11--No12-
★これまでメールで情報発信したマガジン集のページです・・・★

平成21130日(金)

作業所ドリーム156回目のパソコンボランティアを行いました。

(ドリームは、JR鶴舞駅近くにある脳卒中障害者の社会復帰を目指した作業所です。)

Nさんは、娘さんが姫路に住んでいるそうです。

「せっかくパソコンを習っているので、それを活用して連絡を取りたい・・・」

何かいい方法はありませんか?という質問を受けました。

Nさんは、脳卒中の後遺症で右半身麻痺、利き手が右手なので(利き手変換した左手では)文字もスラスラ書けません。

そのことで紙面の手紙も気軽には出せません。

電子メールも上記症状でキーボードの配列も難しく、またソフト使い方も分からず乗る気が無いようです。

現在ブロードバンド(高速通信)の普及により、「インターネット電話」が使えるようになりました。

代表的なソフトに「スカイプ」があります。

料金は、NTTやプロバイダの定額制が主流の昨今、あえてインターネット電話での料金は発生しません、つまり「無料」です。

マイクを付けて話すのでキーボード操作不用。(チャットをする場合は必要)

WEBカメラを両方に付けると、相手の顔を見ながら話せます。

これだとパソコンを活用して、普通の電話感覚でおまけにテレビ電話のように使えます。

障害、健常の区別なく使えるユニバーサル機器です。

相手の安否も確認できて、独居高齢者にも有効に活用できるのではないかと思います・・・

Nさんに説明したら、「息子に相談してみます・・・」とても喜んでいました。

【今回のドリームのパソコン教室の内容】

「我が家の年間スケジュール表」のフォーマットをワードで作っています。

●前回の復習

●ページ設定の仕方

●太字・斜体・文字揃え・フォントカラー等の書式の設定の仕方

●クリップアートからの画像の挿入

◆脳卒中の後遺症で頭にダメージを受けた受講生の皆さんは、

利き手を麻痺した方が多く、文字を書くことが億劫になっています。

健常者なら、ちょっと分からないことをメモに書いておくこともできますが、

それができず、頭のダメージも大きく認識力も低下してることなどから、

操作手順がなかなか理解できません。

辛抱強く・繰り返しがリハビリの一歩ですね。

◎受講者・・・

★Nさん 66歳 女性 北区在住

11年前に脳出血で倒れる。

夕方外出先で倒れ、病院へ運ばれる。

右半身麻痺、右手はまったく動かず左手に利き腕変換した。

文字は左手で上手く書かれる。

失語症・言語障害が残る、以前はもっとひどく、リハビリでここまで快復されたそう

です。

歩行は、杖を突きゆっくりと歩く。

パソコンは、一昨年前に息子さんからプレゼントされ、何とか使いこなしたいという目標が

あるそうです。

文字入力は、かな入力。

身体障害者手帳22級。

Fさん 68歳 女性 中川区在住

4年半前に車を運転中倒れ、救急車で運ばれる。

とっさに車を止めたのが良かったそうです・・・

右半身麻痺、杖歩行。

身体障害者手帳3

パソコンは、1年前に購入、

文書を作りたくタイピングを早くしたい・・・

平成1877日から参加

★Hさん 65歳 男性 愛知県北名古屋市在住

11年前の初夏、大工だったHさんは、2階建て新築住宅の建築現場の屋根から落下しました。

頭部を激しく打ったせいか、中脳を切除してしまったそうです。

後遺症として、頭部外傷による体幹機能障害と歩行障害・言語障害があります。

身体障害者手帳の等級は、13級。

パソコンは、平成1911月に購入したので何とかものにしたい・・・

と病院の紹介で、作業所ドリームに来所されました。

平成20111日から参加

------------------------------------------------

ドリームのパソコン教室会場は、〒460-0012

名古屋市中区千代田5丁目11-33 クマザキビル6A

TELFAX052-262-0358

------------------------------------------------

次回の講習会は、26日(金)午前10時から行います。

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

平成21123日(金)

作業所ドリーム155回目のパソコンボランティアを行いました。

(ドリームは、JR鶴舞駅近くにある脳卒中障害者の社会復帰を目指した作業所です。)

今朝は春を思わせる暖かな日差しになりました。

身も心も春の浮き浮きした気分に浸り、何か軽やかです・・・

受講生の方々も既にパソコンの前でスタンバイOK状態!!

「さあ、やるぞ〜〜〜」

【今回のドリームのパソコン教室の内容】

年の初めにあたり、「我が家の年間スケジュール表」のフォーマットをワードで作っています。

●前回の復習

●ページ設定の仕方

●フォントの設定

●フォントのアニメーション効果の設定(Word2003までWord2007は不採用)

◆脳卒中の後遺症で頭にダメージを受けた受講生の皆さんは、

なかなか物事を順序立てて理解することができません。

また、体の方も半身不随というダメージも受け、

キーボードを押す指も震ってしまいます。

「先程、やりましたね!」は通用しません。

根気よく、根気よく、もう一度根気よく指導するのが基本です。

ここは街にある一般のパソコン教室でありません。

パソコンを通したリハビリということを再認識して、

指導にあたりたいと思います。

受講生の皆さんは、ご自身のハンディに甘えることが無く、

積極的で前向き、真摯な姿勢に、今日も勇気をもらいました。

◎受講者・・・

Tさん 66歳 女性 中村区在住

10年半前に脳内出血で倒れる。

右半身麻痺、現在リハビリセンター(八田)でリハビリ中。

身体障害者手帳3

パソコンは、自宅に家族のノートパソコンがあるが、

まったく触ったことがなく初心者。

キーボードは、左手のみ使用。

家から出て人と出会い話すことがリハビリと思い参加されたとか・・・

★Nさん 66歳 女性 北区在住

11年前に脳出血で倒れる。

夕方外出先で倒れ、病院へ運ばれる。

右半身麻痺、右手はまったく動かず左手に利き腕変換した。

文字は左手で上手く書かれる。

失語症・言語障害が残る、以前はもっとひどく、リハビリでここまで快復されたそう

です。

歩行は、杖を突きゆっくりと歩く。

パソコンは、一昨年前に息子さんからプレゼントされ、何とか使いこなしたいという目標が

あるそうです。

文字入力は、かな入力。

身体障害者手帳22級。

Fさん 68歳 女性 中川区在住

4年半前に車を運転中倒れ、救急車で運ばれる。

とっさに車を止めたのが良かったそうです・・・

右半身麻痺、杖歩行。

身体障害者手帳3

パソコンは、1年前に購入、

文書を作りたくタイピングを早くしたい・・・

平成1877日から参加

★Hさん 65歳 男性 愛知県北名古屋市在住

11年前の初夏、大工だったHさんは、2階建て新築住宅の建築現場の屋根から落下しました。

頭部を激しく打ったせいか、中脳を切除してしまったそうです。

後遺症として、頭部外傷による体幹機能障害と歩行障害・言語障害があります。

身体障害者手帳の等級は、13級。

パソコンは、平成1911月に購入したので何とかものにしたい・・・

と病院の紹介で、作業所ドリームに来所されました。

平成20111日から参加

------------------------------------------------

ドリームのパソコン教室会場は、〒460-0012

名古屋市中区千代田5丁目11-33 クマザキビル6A

TELFAX052-262-0358

------------------------------------------------

次回の講習会は、130日(金)午前10時から行います。

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

平成21124日(土)

【ボラみみのホームページ】に当会のセミナーの募集が掲載されました!

・・・当会の社会貢献性を評価して頂き、無償で掲載して頂けました・・・

ボラみみ より

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

シュヨーネット 様

 投稿依頼いただきました内容につきまして、

審査・校正いたしましてホームページ上に

公開いたしましたのでご連絡します。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

http://www.shuyo.net/news/H210124.html

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

平成21116日(金)

作業所ドリーム154回目のパソコンボランティアを行いました。

(ドリームは、JR鶴舞駅近くにある脳卒中障害者の社会復帰を目指した作業所です。)

午前10時前に教室へ入りましたら、既に生徒の皆さんは来ていて、パソコンに向かって復習をしていました。

皆さん「やる気満々です!!」

【今回のドリームのパソコン教室の内容】

年の初めにあたり、「我が家の年間スケジュール表」のフォーマットをワードで作っています。

●前回の復習

●表の説明

●縦方向を「列」、横方向を「行」 マスのことを「セル」

●表の挿入の仕方

◆脳卒中の後遺症で頭にダメージを受けた受講生の皆さんは、

なかなか物事を順序立てて理解することができません。

それはパソコンの操作順序にも当てはまり、何回行っても同じ個所で間違えてしまいます。

そこで固まってしまい、次への操作に進めないでいます。

ここは一般のパソコン教室や実社会の会社ではありませんので、何回間違っても結構です。

間違ったらまた訂正し、間違ったらまた訂正の繰り返しでOKです。

ここへ来てパソコンをすること自体がリハビリになるからです。

パソコンを嫌いにさせるのではなく、パソコンがお友達になり、障害を負ってしまった方々の

補助や武器にするのが、この活動の主旨です。

「皆で楽しく文明の利器のパソコンを活用して、機能回復のリハビリとお友達を作りましょう」

が私の方針です・・・

今回は最後に完成した作品を印刷しました。

一生懸命に作成した作品を見て、皆さん満面の笑みを浮かべ、お互いに見せ合っていました。

◎受講者・・・

★Nさん 66歳 女性 北区在住

11年前に脳出血で倒れる。

夕方外出先で倒れ、病院へ運ばれる。

右半身麻痺、右手はまったく動かず左手に利き腕変換した。

文字は左手で上手く書かれる。

失語症・言語障害が残る、以前はもっとひどく、リハビリでここまで快復されたそう

です。

歩行は、杖を突きゆっくりと歩く。

パソコンは、一昨年前に息子さんからプレゼントされ、何とか使いこなしたいという目標が

あるそうです。

文字入力は、かな入力。

身体障害者手帳22級。

Fさん 68歳 女性 中川区在住

4年半前に車を運転中倒れ、救急車で運ばれる。

とっさに車を止めたのが良かったそうです・・・

右半身麻痺、杖歩行。

身体障害者手帳3

パソコンは、1年前に購入、

文書を作りたくタイピングを早くしたい・・・

平成1877日から参加

★Hさん 65歳 男性 愛知県北名古屋市在住

11年前の初夏、大工だったHさんは、2階建て新築住宅の建築現場の屋根から落下しました。

頭部を激しく打ったせいか、中脳を切除してしまったそうです。

後遺症として、頭部外傷による体幹機能障害と歩行障害・言語障害があります。

身体障害者手帳の等級は、13級。

パソコンは、平成1911月に購入したので何とかものにしたい・・・

と病院の紹介で、作業所ドリームに来所されました。

平成20111日から参加

------------------------------------------------

ドリームのパソコン教室会場は、〒460-0012

名古屋市中区千代田5丁目11-33 クマザキビル6A

TELFAX052-262-0358

------------------------------------------------

次回の講習会は、123日(金)午前10時から行います。

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

平成2119日(金)

作業所ドリーム153回目のパソコンボランティアを行いました。

(ドリームは、JR鶴舞駅近くにある脳卒中障害者の社会復帰を目指した作業所です。)

午前10時、今年のドリームでのパソコンボランティアの開始です。

今日は雨が降っていましたが、杖を突きながらまた足を引きずりながらも、皆さん元気に通って来ました。

「明けましておめでとう」という新鮮な気持ちの中、「パソコンを活用してリハビリをするぞ・・・」

との強い意気込みが感じられました。

私も「今年も宜しくお願いします」の新年の挨拶をして、気を引き締め講師活動を行います。

【今回のドリームのパソコン教室の内容】

年の初めにあたり、「我が家の年間スケジュール表」のフォーマットをワードで作ることにしました。

●ワードのページ設定の仕方

●文字入力

●フォントサイズの設定

●クリップアートから画像の挿入の仕方

◆脳卒中の後遺症からマウスやキーボードを押す指が震え、思うように操作ができない方、

半身不随により利き腕が麻痺し、利き腕変換の訓練を兼ねてパソコンを活用している方、

言語障害や失語症があり、思うように操作ができない方等々

パソコンを一つの手段として活用し、ここへ来てお友達を作り、お話をして、

ストレスを発散し、サロン的な心休まる場を今年も提供していきたいと思います。

◎受講者・・・

Tさん 66歳 女性 中村区在住

10年半前に脳内出血で倒れる。

右半身麻痺、現在リハビリセンター(八田)でリハビリ中。

身体障害者手帳3

パソコンは、自宅に家族のノートパソコンがあるが、

まったく触ったことがなく初心者。

キーボードは、左手のみ使用。

家から出て人と出会い話すことがリハビリと思い参加されたとか・・・

★Nさん 66歳 女性 北区在住

11年前に脳出血で倒れる。

夕方外出先で倒れ、病院へ運ばれる。

右半身麻痺、右手はまったく動かず左手に利き腕変換した。

文字は左手で上手く書かれる。

失語症・言語障害が残る、以前はもっとひどく、リハビリでここまで快復されたそう

です。

歩行は、杖を突きゆっくりと歩く。

パソコンは、一昨年前に息子さんからプレゼントされ、何とか使いこなしたいという目標が

あるそうです。

文字入力は、かな入力。

身体障害者手帳22級。

Fさん 68歳 女性 中川区在住

4年半前に車を運転中倒れ、救急車で運ばれる。

とっさに車を止めたのが良かったそうです・・・

右半身麻痺、杖歩行。

身体障害者手帳3

パソコンは、1年前に購入、

文書を作りたくタイピングを早くしたい・・・

平成1877日から参加

★Hさん 65歳 男性 愛知県北名古屋市在住

11年前の初夏、大工だったHさんは、2階建て新築住宅の建築現場の屋根から落下しました。

頭部を激しく打ったせいか、中脳を切除してしまったそうです。

後遺症として、頭部外傷による体幹機能障害と歩行障害・言語障害があります。

身体障害者手帳の等級は、13級。

パソコンは、平成1911月に購入したので何とかものにしたい・・・

と病院の紹介で、作業所ドリームに来所されました。

平成20111日から参加

------------------------------------------------

ドリームのパソコン教室会場は、〒460-0012

名古屋市中区千代田5丁目11-33 クマザキビル6A

TELFAX052-262-0358

------------------------------------------------

次回の講習会は、116日(金)午前10時から行います。

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆    

      ○

     ( ̄ ̄)      あけまして

    ( ̄ ̄ ̄)      おめでとうございます!

    | ̄ ̄ ̄ ̄|        平成21年 元旦

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

皆様方におかれましては、

本年も幸多い年でありますよう、

心よりお祈り申し上げます。

昨年同様ご指導の程、

宜しくお願い致します。

【電子年賀状を作成しました・・・】

                    ↓

http://www.shuyo.net/2009_nenga/2009nenga.htm

※おみくじ付です・・・“初試し”をどうぞ・・・※

「クリックするとこのWebぺーじのActiveXコントロールを実行します」

と表示されましたら、「OK」をクリックして下さい。

▲このページの先頭へ ●TOPページへ

-TOP--2006年版--2007年版--2008年版--2009年版--2010年版--2011年版--2016年度版--No1--No2--No3--No4--No5--No6--No7--No8--No9--No10--No11--No12-