【私の後姿(背中)をじっと見ていてくれた】

【私の後姿(背中)をじっと見ていてくれた】

 

私は、平成16年から12年間 毎週月曜日と木曜日に、引きこもりの若者の作業所へパソコンを教えに行っています。

先日、そこへ通う20代の男性から嬉しいことを言われました。

 

彼は、4年程前でしたかお母さんと一緒にこの作業所を訪れました。下を向き元気がなく青白い顔でお母さんの後ろに隠れている様子でした。

引きこもりになる原因は、人それぞれですが、多くは精神に障がいを抱えていることが多いようです。

彼も精神障がい者でした。4年の月日を重ね、この春 彼は就職することになりこの作業所を卒業します。

 

そんな彼から『パソコンの先生は、毎週2回1日も休まず来てくれて、手を骨折した時にも包帯を巻きながらも通って来てくれた・・・』

(3年前でしたか私は、下肢障がい者で障がいの足をかばい階段から転げ落ち、左手を骨折しました)

と、彼は私の後姿(背中)をじっと見ていてくれたのでした。

 

私は、引きこもりや精神障がいの専門家でもなく、何のアドバイスもできなかったが、姿勢だけは示せたかと思います。

彼は、もう下を向いていません、真っ直ぐ前を向いて元気よく明るい表情で話してくれました。

 

一回り大きくなった彼の姿を見て、「もうこれで、大丈夫・・・」とエールを送ると同時に、

この活動も13年目に入り「また、頑張るぞ・・・」と自分に言い聞かせました。

http://www.shuyo.net/orange/H280316/20160316.html

 

コメントは受け付けていません。